商工会議所について

新居浜商工会議所について


商工会議所は、地域産業の総合的な振興を図る「地域総合経済団体」です。

商工会議所は、商工業者みなさんのものです。商工会議所をよく理解し、活用することこそ  事業発展の近道といえます。そこで、商工会議所の特徴をご紹介します。

商工会議所は、「商工会議所法」(昭和28年8月制定)によって運営されている特別認可法人で、日本で最も歴史と実績のある「地域総合経済団体」です。
全国に514の商工会議所があり、会員数は115万事業所を数えています(平成25年3月現在)。
新居浜商工会議所は、昭和15年新居浜経済界発展を目的とする有志の手により設立され、平成22年には創立70周年を迎え、新居浜地域における商工業の総合的な改善発達を図るとともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的に活動しています。
商工会議所では、地域の商工業者の世論を代表し、行政に対する意見・要望活動をはじめ、情報提供、経営相談、調査研究など、企業の繁栄のためにきめ細やかな活動を行っています。

事業活動の推進力として商工会議所の運営を支えている会員数は、平成26年4月1日現在で2,492事業所です。その運営は、業種別部会、委員会の意見をもとに、部会及び会員から選ばれた議員や常議員、正副会頭によって意志決定が行われます。

 
ページトップ